クリックで応援

にほんブログ村 子育てブログへ 

デートスポット

海外対応ドライヤー!選び方で気をつけておく3つのポイント

更新日:

海外では日本のドライヤーは使えない?

海外旅行先のホテルの中にはドライヤーが置いてない施設も結構あります。

ドライヤーの選ぶポイントを

 

1.海外の電圧に対応している対応ドライヤーか確認する。

海外の電圧に対応しているドライヤーにはどこかに  120~220W  と いう表記があります。

この表記のあるドライヤーであれば変圧器の準備は不要です。

必要なものは海外のコンセント用の変換プラグのみで大丈夫です。

表記の場所はプラグ部分、もしくはもち手の部分に書いてあると思います。

 

変換プラグは大体500円くらいで売っています。

イタリア用 ドライヤー変換プラグ

 

 

2.変圧器に対応していないドライヤーなら変圧器の購入が必要

もって行くべきドライヤーが海外の電圧に対応していないドライヤーであれば、コンセントと別に変圧器が必要です。

変圧器の相場は家電量販店で 3000~5000円 くらいです。

 

変圧器の値段の差は最終的に変換したいワット(W)数により変わりますが、ドライヤーやシェーバー、電動歯ブラシなどに使用するだけであれば最も安いタイプのもので大丈夫です。

高い変圧器の使用用途としてはPCやホットプレートなどを使いたい時などに購入します。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

パパ・ママに読まれてる記事Top3

1

この記事では乳幼児の時期から始められる英語教育を4つのタイプに分類し、それぞれのメリットデメリットを比較しながら紹介して ...

2

この記事では、毎年の家族旅行を目標に。 飛行機に乗らずに貯めたマイルで行くことを条件として我が家が取り組んでいることを紹 ...

3

伊藤 美佳 先生の新書、モンテッソーリ教育Xハーバード式 子供の才能の伸ばし方 を読みました。 モンテッソーリ教育×ハー ...

-デートスポット
-

Copyright© そらちょ~共働き子育てハックブログ ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.