未分類

聞き手にとって気持ちの良い声の高さと速度を考えてマスターする 〜早さ編〜

投稿日:

聞き手にとって心地の良い声ということに関しての要素は2つあります。 1つは高さ、そして2つ目は声の速さです。
ここでは聞き手にとって心地の良い声の速さについて記載していきます。
 声の高さについては別記事にまとめていますのでそちらを参考ください。
 NHKのアナウンサーは1分間で300文字

 NHKのニュースでは要点をわかりやすく聞きやすく伝えることを何よりも大切な目的としています。 そこでNHKでは聞き取りやすさとして適切な1分間の原稿の文字数を300文字とし原稿を作成、アナウンサーが読み上げています。
民放のアナウンサーは350文字

同じアナウンサーでも民法のアナウンサーの目的は、時に少しだけ異なる場合があります。

例えばスポーツや芸能人の結婚などニュースの内容によっては聞き手の心動かしたり又は感動を伝えることが必要となってくるため、抑揚や速さの変更が必要とされてきます。 明るいニュースなどを読み上げる時は文字数が350文字とNHKと比較して僅かに早めな設定とされることがあります。
 口癖を直すことも大切な要素

 プレゼンをしている途中で頭の中を整理するために、アー、エー、などと言葉をつなぐために無意味な声を発してしまうことが私もよくあります。 これは話してにとっては無意識でも聞き手にとっては意外と気になるものです。一度気になってしまうと話の内容よりも、またアーって言った、などとそちらの方が気になってしまいます。これは致命的です。また1分間に伝えられる情報量が300文字から350文字であると考えるとこれらを発する度に貴重な時間を失っていくことになります。

自分で無意識に発していないか是非チェックし、直しましょう。
文字数を意識しつつ、抑揚をつけよう。

プレゼンの目的は相手の心を動かすことです。こちらの意思に賛同してもらうことがゴールですのでいくら聞きやすいといっても300文字で淡々と話すのは目的を達成することはできません。

説得力を持たせたい時はゆっくり目に、またワクワクや驚き感動を伝えたいときはやや早めに抑揚つけながら。しかし300文字から350文字の範囲内で話すことによって相手が聞き取りやすい声の速さとすることができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

パパ・ママに読まれてる記事Top3

有給休暇 発生 タイミング 表 1

今回は有給休暇の話です。 ゆずぽんは普段は総務部で働いています。 仕事柄、社員さんたちから有給休暇制度について相談を受け ...

2

7月11日にオープンした ららぽーと新三郷のリトルプラネット! 休日はフリーパスは先着5組までです。 今日はオープンの1 ...

3

こんにちは。 今日は我が家で大活躍している除菌スプレーを紹介します。 本当に優秀なので凄くオススメです。是非試してみてく ...

-未分類

Copyright© 子育て夫婦が仲良しでいるための100の事 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.